So-net無料ブログ作成
検索選択

ダイエット 筋トレ 有酸素運動

ダイエットを効率よく進めていきたいのでしたら、筋トレ+有酸素運動のセットがおすすめです。効率よく脂肪を燃やしていくことが出来るので、スムーズなダイエットが期待出来ますよ。

 

ダイエット 筋トレ メニュー

ダイエットの筋トレのメニューは、

●同じ場所の筋トレは3日は空ける
●筋肉痛がある間は行わない

といったことを意識して、組んでいけるといいですね。

筋肉は使ったあと、回復するのに3日間必要になると言われています。
ですので、同じ場所の筋トレを行っていくのは、怪我の元になります。

また、筋肉痛が起きているのは、回復が追いついていないからです。
筋肉痛が治まるまでは、同じようにその場所の筋トレは行っていかない方がいいですよ。

筋肉痛が起きている状態だと難しい所ではありますが、3日間ずつ間隔が空くようにローテーションを組んでいくといいですよ。

月曜:腹の筋トレ
火曜:胸の筋トレ
水曜;足の筋トレ
木曜:腰周りの筋トレ
金曜:背中の筋トレ
土日:休み、もしくは腹か胸の筋トレ、もしくは有酸素運動

というのもいいですね。

筋トレは出来るだけ毎日行っていけた方が、ダイエットにはプラスになります。
筋肉量を増やすことに繋がりますし、基礎代謝の維持やアップが期待出来ます。

正しい姿勢で行うことが重要なので、どこかで筋肉痛が起きていると正しい姿勢で行うのは難しいかもしれませんが、こういったやり方で筋トレを毎日続けていくのもいいと思いますよ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ダイエット 筋トレ 毎日

ダイエット中の筋トレは毎日行っていけるといいですね。
筋肉量を増やしていくためでもありますし、運動中心のダイエットをしているのであれば、筋トレを行うことで脂肪燃焼効率もアップします。

ただ、筋肉は一回使うと、回復するのに72時間必要になると言われていますので、毎日同じ場所の筋トレは行っていかない方がいいと言われています。
やって出来ないことは無いですが、怪我をする可能性がありますので適度に行っていくのが一番です。

3日置きにやっていくのもいいですが、ローテーションを組んで毎日筋トレを行っていくのもいいですね。

腹筋→足→背中→腰周り→腹筋…というように、体全体の筋肉を上手く鍛えられるようにローテーションさせていってみましょう。

脂肪燃焼効果は、どこの筋肉を増やしても、筋トレを行っていってもいいのだそうです。

勿論、引き締めたい所があるなら、そこを重点的に行っていくのがいいと思います。
ただ、お腹についた皮下脂肪を燃やすからといって、絶対に腹筋をしなければいけないという訳でもないですから、出来る所から始めていって、満足がいく結果になるまで出来るだけ毎日続けていくようにしましょう。

また、筋トレ効果アップのために、食事もたんぱく質の摂取が出来るように意識していけるといいですね。
筋肉の素のたんぱく質が摂取出来ていないと、作れるものも作れないですからね。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康